スーツの選び方

自分に合うスーツ選びのポイント

自分に合うスーツを選ぶにはポイントがあります。

 

スーツ選び

 

肩幅

 

スーツの肩幅に自分の肩がピッタリ合うか、ほんの少し余裕があるモノを選ぶ。大きすぎて余ったり、ぴちぴちのスーツは見た目最悪です。肩の頂点がフィットしていることがスーツ選びの基本中の基本です。メーカーやブランドが違うと大きさは微妙に違うので必ず試着してください。

 

胸のゆとり

 

スーツのVゾーンは大切な部分です。ボタンを閉じてゆとりがある過ぎると不恰好に見えます。最近は細身のスーツが流行ですからボタンを閉じた時にX字に少ししわが寄るくらいが良いです。またはVゾーンから手の平が入るくらいまでです。

 

袖丈

 

スーツの袖丈は両手を自然に下ろした状態でシャツが1.5〜2cmくらい出るくらいの長さがベストです。シャツが隠れて見えないのは袖丈が長すぎるのでお直ししましょう。

 

上着の丈

 

上着の裾でお尻がちょうど隠れるかどうかがちょうど良い長さです。

 

パンツの丈

 

パンツの丈

 

一般的には靴の甲の上にワンクッションたるむ感じが良いです。ただし細身のパンツは裾が靴の甲の上に触れるか触れないかがベストです。裾幅が細いのでたるんでいるとだらしなく見えてしまうからです。細かく言えば靴のヒールの高さでも変わります。できればスーツに合わせる靴を履いて行った方が良いですね。

 

 

自分に合うスーツ選びのポイント関連ページ

体型別のスーツ選び