シャツによるVゾーン

Vゾーン:シャツ編

スーツのVゾーンがオシャレじゃないとダメです。シャツの基本カラーは白ですが、毎日ホワイトばかりではオシャレに見られません。

 

シャツ

 

シャツの種類(衿の形)

 

シャツの襟は基本はレギュラーカラーです。レギュラーカラーだけではオシャレなVゾーンは形作られません。

 

衿の間の角度が鈍角なワイドカラーや衿の先にボタンが付いているボタンダウンなど違うタイプのシャツも着てみましょう。他にもタブカラー、ラウンドカラーなど特徴あるシャツがあるので少しずつチャレンジしてみてください。

 

シャツの柄と色

 

ホワイトシャツの次に選ぶとしたら、まずは無地のシャツがおすすめです。色の濃さは薄目が合わせやすいです。シャツの色は濃いほど着こなしが難しくなるからです。

 

色物のシャツの着こなしができるようになったら上質の素材の白シャツにチャレンジしてみてください。同じホワイトシャツを着ていても素材が上質になるだけで印象はガラリと変わります。

 

シャツの柄は大きく分けるとストライプか、チェックです。チェックはネクタイが合わせにくいのでストライプの方から始めると良いと思います。

 

ジャストサイズを選ぶ

 

衿の形や色などよりも一番重要なのがスーツ同様、ジャストサイズを選ぶことです。首周りと袖丈が合っていないシャツはだらしなく見えます。痩せているタイプの人が大きめのシャツを着ると、かえって貧弱に見られてしまいます。

 

首周りが小さいため1番上のボタンを外してネクタイで隠している人もいますがバレバレですから止めましょう。だらしない印象になりビジネス面でもマイナスにしかなりません。

 

予算さえ合えばイージーオーダーも検討してみてください。首周りと袖丈両方を既製品で合わせようとすると意外と難しいものです。首で合わせると袖丈が中途半端になったりする場合があります。