スーツの手入れ

毎日、スーツの手入れをしましょう

毎日、スーツの手入れをすることによって長く着ることができます。

 

スーツ

 

スーツ1着を着まわさないことです。最低でも1日はスーツを休ませてあげましょう。帰宅したらポケットの中身を取り出して、ハンガーに掛けます。

 

ブラッシングでフケや埃を払っておきます。化学繊維のブラシは静電気を発生するので、かえって埃が付いてしまいます。洋服用の豚毛で上から下にかけましょう。特にえりや肩周りはフケや毛が付着しやすいのでブラッシングで落としておきます。

 

いきなりクローゼットに収納しないで部屋の中に干して水分を飛ばすことも大切です。特に夏場は汗を吸い込んでいます。

 

パンツはハンガーに2つに折って掛けているかもしれませんが、できれば裾を挟んで吊るすタイプの方がベターです。裾から吊るせば軽いシワならパンツの重みで伸ばすことも可能です。

毎日のスーツの手入れ関連ページ

シーズンオフの手入れ