スーツの似合う体作り

スーツの似合う体作り

スーツが似合う男になるためには体作りも必要です。エクササイズでジャストフィットする肉体を作り上げましょう。

スーツの似合う体作り記事一覧

スーツに張りを与える大胸筋

欧米の人がスーツが似合って見えるのは痩せている人でも胸板は意外と厚いからです。胸板を形作る大胸筋が貧弱だとスーツの胸の部分にシワができてしまいます。大胸筋を鍛えてスーツを着たときに胸の部分に張りを与えましょう。もちろん鍛えすぎは厳禁です。胸板が厚すぎるとボタンを掛けた時にVゾーンが不自然に開いてしま...

≫続きを読む

 

三角筋でスーツを格好よく着る

スーツ選びのポイントで紹介しましたが、肩のラインが美しいと格好よく着られるようになります。スーツと肩幅は合っていても丸みのある肩の筋肉が無いとシワが寄って張りがありません。肩のラインを美しく保ってくれているのが三角筋と呼ばれる筋肉です。三角筋が鍛えられると肩幅が広くなりボリューム感も出るので、ジャス...

≫続きを読む

 

スーツの後姿をキメる広背筋

スーツを着用した広い背中を魅せるためには広背筋が重要になります。体の厚みは大胸筋だけでは片面だけになってしまいます。背中の大きな筋肉である広背筋を鍛えてこそ、真の厚みが生まれ男らしさが演出できます。広背筋とはわきの下から背中にかけてある大きな筋肉で逆三角形の男らしい体型に不可欠です。広背筋の筋トレ広...

≫続きを読む

 

引き締まった腹がスーツ姿の姿勢をキメる

ジャストフィットのスーツを着ても姿勢が悪いと格好よくないです。溜め込んだ脂肪や運動不足でたるんだ腹を引き締める必要があります。スーツの似合う腹筋は仮面ライダーのような6つに割れていなくても良いです。筋肉を付けるというよりは引き締めるイメージになります。腹筋の筋トレ腹筋の筋トレというとクランチやシット...

≫続きを読む

 

大殿筋で差が付くパンツのヒップライン

スーツの後ろ姿、とくに上着を脱いだ時に目立つのがヒップラインです。お尻がだらりと垂れ下がっていたり、パンツがぴちぴちになるようなデカイ尻は恰好悪いです。大殿筋を鍛えてパンツが似合う引き締まったお尻を目指しましょう。大殿筋の筋トレ脚の筋肉で持ち上げるのではなく、お尻の筋肉で持ち上げるように意識してエク...

≫続きを読む

 

猫背を矯正するエクササイズ

スーツの似合う男になるために猫背や前かがみの姿勢は矯正しましょう。ジャストフィットしているスーツを着ても猫背では見栄えが悪いものです。また歩く時にも背中が丸まっている姿勢は遠くから見ても恰好悪いです。頭が上から吊るされている感じで前かがみにならず、颯爽と歩くスーツ姿は美しいです。猫背を矯正するエクサ...

≫続きを読む

 

スーツの似合う体型

スーツの似合う体型に必要なことは、まずは姿勢が重要になります。どんな体型をしていても姿勢が悪いと見た目は最悪になりスーツに限らずどんなファッションも合いません。身体の中心に軸がしっかりとあるような姿勢でスーツを着るとかっこよく見えます。スーツの似合う体型の要素のひとつである胸板(大胸筋)を厚くし過ぎ...

≫続きを読む

 

スーツが似合う体型のメリット

スーツが似合う体型の人と似合わない体型の人では人生において、めちゃめちゃ差が付きます。正直な話、スーツが似合う体型に肉体改造してから、デメリットを感じたことは1度もありません。ビジネスが上手くいくようになる人は第一印象で判断されると言われています。スーツが似合わない、なよっとした体型の人と名刺交換を...

≫続きを読む